'."\n" ?> ジョフリー・ハースト疑惑のゴール |ワールドカップ 動画
ワールドカップ 動画1966年イングランド大会 > ジョフリー・ハースト疑惑のゴール

ジョフリー・ハースト疑惑のゴール

試合は2対2で延長戦に突入。延長8分、ジョフリー・ハーストが放ったシュートはクロスバーに当たり、ほぼ真下に跳ね返った後、ドイツの選手によってクリアされた。主審はゴールを確認できなかったため、線審に確認を求めたが、線審が「得点が決まった」と伝えたため、イングランドの得点となる。ここでイングランドが3対2とリードした。

サッカーで得点が認められるためには、ボールがゴールラインを完全に越える必要がある。そのため、実際にゴールが決まったのかどうか?、物議をかもしだすこととなる。

おすすめ!サッカー観戦ツアー【ラウンドトリップ】
[ カテゴリー: 1966年イングランド大会 ]

当サイトについてと免責事項

  • ワールドカップ 動画は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
© 2007-2017ワールドカップ 動画 All Rights Reserved.